不動産取引

不動産取引

分筆前に土地の一部を売買することは可能?手順と注意点について

土地の一部のみを分筆せず売買することはできないと思われがちですが、あらかじめ売買対象部分を確定させておくこと、そして売買締結後速やかに分筆登記の手続きをすることができれば、未分筆のまま売買契約を交わすことができます。契約手続きの手順について詳しく説明します。
不動産取引

「ローン特約」には2種類の形式があることをご存じですか?

不動産売買契約を交わした後に金融機関のローンが承認を得られなかったときのルールとして、一般的に「ローン特約」が付帯されます。ローン特約には2種類の形態があり、それぞれ性質が異なります。契約時にかならず内容を理解しておくようにしましょう。
不動産取引

【不動産会社の選び方講座①】良い不動産会社の見分け方について

全国には約12万社以上の不動産会社がいます。初めて取引を行うという人にとってはまず会社選びが最初の関門になるのではないでしょうか。この記事では不動産会社を選ぶときのコツを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
不動産取引

売買仲介を依頼するなら売主手数料無料の会社がいい?→注意点あり

近頃「売主仲介手数料無料」を謳う不動産会社が増えてきましたが、なぜ無料で仕事を受けてくれるのでしょうか。業界の背景を知れば、売主としてのデメリットも見えてきます。仲介の業界から見た目線で、手数料について解説します。
不動産取引

瑕疵担保責任と契約不適合、具体的に何が違うの?民法改正によって契約実務も変わっています

2020年に民法が改正され、瑕疵担保責任が撤廃された代わりに契約不適合責任という規定が新設されました。建物の欠陥に対する売主の責任ということで言えば大枠は同じことですが、その内容は似て非なるものです。具体的に何が変わったのか、分かりやすく解説します。
タイトルとURLをコピーしました