税金

不動産取引

公租公課の分担の「起算日」とは?1月1日と4月1日の差額に注意

不動産売買契約の「公租公課の分担の起算日」とはなんでしょうか。 「公租公課」は、国や行政に支払わなければならない負担金の総称です。 不動産売買契約においては、主に固定資産税...
不動産取引

面積が大きい土地の取引を行うときは届出が必要です!【国土利用計画法】

一定以上の規模の土地を取引したときは、行政への届出が義務付けられています。国土利用計画法は、無秩序な開発や、土地の暴騰を防ぐことを目的とした法律です。うっかり届出を怠ると罰則規定もあるので、忘れず届出できるよう注意しましょう。
不動産投資

投資不動産の法人化について~メリットとベストなタイミングを考える

不動産投資を法人名義で行うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?また、法人化するベストなタイミングはありますか? 投資用の不動産を法人...
税金

不動産取得税がゼロになるかもしれない?マイホーム購入時の税額計算

不動産を取得したときに課税される不動産取得税ですが、対象物件が居住用の不動産の場合の軽減措置があります。適用されるとかなりの額が控除されるので、一般的なマイホーム(戸建・マンション)だとゼロ円になることもあります。
不動産投資

遊休地の相続対策としてアパート建築を選択するときに考えるべきこと

土地を遊休地として所有している場合、税制的には不利なことがたくさんあります。アパートを建築すると相続対策になるという話もありますが、本当なのでしょうか。この記事では相続対策としてアパート建築をすることのメリットとリスクについて忖度なく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました