不動産取引

不動産取引

今話題の「不動産ID」とは?~ルール導入による4つのメリット~

最近、不動産IDが導入されるかもしれないという話を聞きます。施行されるとなにが変わるのでしょうか。 不動産取引においてはかねてから、「不動産に対する情...
不動産取引

【リ・バース60】60歳以上の高齢者でも利用可能な住宅ローンが登場

一般的に50~60代以上になると住宅ローンの審査のハードルが格段にたかくなります。そのためシニア世代での住宅購入を諦めているという人は多いと思いますが、住宅金融支援機構の扱うリ・バース60を利用すれば夢がかなえられるかもしれません。
不動産取引

不動産を安く購入するための値引き交渉術②[交渉時のポイント編]

不動産の値引き交渉を行うとき、もっとも大切なポイントは「売主・買主にとってメリットがある」という落としどころを見つけることです。闇雲に値引きを要求する交渉をしてしまうと、取引が決裂してしまうおそれがあります。交渉時に押さえておくべきことを紹介します。
不動産取引

不動産を安く購入するための値引き交渉術①[注意すること編]

不動産の値引き交渉を行うとき、もっとも大切なポイントは「売主・買主にとってメリットがある」という落としどころを見つけることです。闇雲に値引きを要求する交渉をしてしまうと、取引が決裂してしまうおそれがあります。交渉時に押さえておくべきことを紹介します。
不動産取引

事故物件は3年経過すれば告知の必要なし?「人の死の告知」に関するガイドライン

心理的瑕疵物件に関する取引相手への告知義務について、これまでは判断基準が曖昧なことが多く、実務の場で迷われるケースも珍しくありませんでした。しかし2021年10月に国交省より新たにガイドラインが策定されたことにより、判断がしやすくなりました。
タイトルとURLをコピーしました