不動産取引

公租公課の分担の「起算日」とは?1月1日と4月1日の差額に注意

不動産売買契約の「公租公課の分担の起算日」とはなんでしょうか。 「公租公課」は、国や行政に支払わなければならない負担金の総称です。 不動産売買契約においては、主に固定資産税...
不動産取引

面積が大きい土地の取引を行うときは届出が必要です!【国土利用計画法】

一定以上の規模の土地を取引したときは、行政への届出が義務付けられています。国土利用計画法は、無秩序な開発や、土地の暴騰を防ぐことを目的とした法律です。うっかり届出を怠ると罰則規定もあるので、忘れず届出できるよう注意しましょう。
不動産投資

分譲マンションの「管理者方式」のメリット~理事会方式と何が違う?~

マンションの管理組合の理事(役員)って必須なんですか? なんか大変そうなので選任されたくないのですが。。。 分譲マンションでは「理事になりたくない!...
不動産取引

今話題の「不動産ID」とは?~ルール導入による4つのメリット~

最近、不動産IDが導入されるかもしれないという話を聞きます。施行されるとなにが変わるのでしょうか。 不動産取引においてはかねてから、「不動産に対する情...
不動産取引

【リ・バース60】60歳以上の高齢者でも利用可能な住宅ローンが登場

一般的に50~60代以上になると住宅ローンの審査のハードルが格段にたかくなります。そのためシニア世代での住宅購入を諦めているという人は多いと思いますが、住宅金融支援機構の扱うリ・バース60を利用すれば夢がかなえられるかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました