majime-fudousan

不動産取引

注文住宅の清算方法「出来高払い」とつなぎ融資の流れをわかりやすく

注文住宅は「建築工事請負契約」に分類され、既に完成された建売住宅を取得する「売買契約」とは内容が異なります。大きく違う点として、代金の出来高払い制があります。建売を購入するよりもやや難しい手続きなので、流れを押さえておくようにしましょう。
不動産取引

[自動計算フォームあり]不動産売却にかかる諸経費と支払時期について

不動産を売却するときにはどれくらいの経費がかかりますか? 不動産売却時には仲介手数料をはじめ、登記費用や印紙税代などの費用が発生します。また、...
不動産取引

不動産取引の仲介手数料はなぜ高額なのか?不動産業者の実務と併せて解説

不動産仲介手数料は売買価格の3%+6万円という上限規定があり、高額になってしまうことがほとんどです。中には、「書面作成だけなのに貰いすぎでは?」と考える人もいるかもしれません。仲介手数料の金額について、仲介業務の性質から考えてみましょう。
資産価値

建物高さ制限の影響を受けやすい敷地の特徴→マンション階高に影響しているかも

建物の高さ制限には、絶対高さ制限のほか、道路斜線制限・隣地斜線制限・北側斜線制限・日影規制など、さまざまなものがあります。これらの影響を受けやすい土地には、一定の共通点があるのをご存じでしょうか。高さ制限の影響を受けやすい土地の特徴と、デメリットを紹介します。
資産価値

築40年超は旧耐震基準建物?築古建物の取引時に理解しておくべき耐震基準

現在の耐震基準(新耐震基準)が制定されたのが1981年6月ですが、それよりも前は今よりも基準が緩い旧耐震基準というものが採用されていました。中古の建物を取引するにあたっては、何年に建築されたのかによって資産価値が大きく異なる場合があります。
タイトルとURLをコピーしました