2021-09

不動産取引

建物が建てられない土地がある…!?建築不可物件の典型事例を紹介します

建築行為はあらゆる法律から制限を受けますので、せっかく土地があるのに建物が造れないというケースが多々あります。建築自由度は土地の資産価値に直結しますので、土地を評価する際は必ず制限内容を抑えておかなければなりません。
不動産取引

【土地活用①】寝かしておくのはもったいない!遊休地の貸地活用方法4選

固定資産税だけを払い続けている遊休地があるのですが、お金をかけて活用する余力もありません。ノーリスクで活用する方法はないのでしょうか。 遊休地...
資産価値

15階建てマンションの注意点 ~デメリットについて解説します

中高層分譲マンションには14階建てと15階建てのものが多いですが、たった1階の差が資産価値や住み心地に大きな影響を与えることがあります。これら2つのマンションにはどのような違いがあるのかという点について詳しく解説しています。
不動産取引

分筆前に土地の一部を売買することは可能?手順と注意点について

土地の一部のみを分筆せず売買することはできないと思われがちですが、あらかじめ売買対象部分を確定させておくこと、そして売買締結後速やかに分筆登記の手続きをすることができれば、未分筆のまま売買契約を交わすことができます。契約手続きの手順について詳しく説明します。
不動産取引

「ローン特約」には2種類の形式があることをご存じですか?

不動産売買契約を交わした後に金融機関のローンが承認を得られなかったときのルールとして、一般的に「ローン特約」が付帯されます。ローン特約には2種類の形態があり、それぞれ性質が異なります。契約時にかならず内容を理解しておくようにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました